45歳の転職や再就職のサポート

45歳の転職戦略NAVI

1.45歳の転職は非現実的ではありません

 

 

 時代は動いています。10年前では考えられなかった45歳の転職も、今では決して非現実なことでも無謀なことでもありません。

 

 

 とは言っても簡単ではないことも確か。45歳で転職を成功させるには、希望就職先の人事担当に気に入られなければなりません。これは決して媚を売るというわけではなく、会社に貢献できると思わせる自分作りが求められるということ。

 

 

 若い世代は、会社に貢献する人間に会社自身が育てる余裕がありますが、45歳ともなるとそうはいかないため、現段階での魅力を余すことなく発揮すること、これができるかできないかが運命の分かれ道となるのです。

 

 

2.45歳が求められることは膨大です!

 

 

 45歳の転職者が企業に求められることは、決して少なくありません。その中でも特に重要と思われる要素をピックアップしてみましょう。

 

 

 ★ここがポイント!

 

  ・落ち着きがあり、社会人としての身だしなみやマナー・常識を身につけているかどうか

 

  ・職歴と成果に価値があり、それを新たな職場でも発揮できる能力と意欲を持っているかどうか

 

  ・仕事に対して有能であるだけではなく、新たな環境に溶け込める柔軟性を持っているかどうか

 

  ・人として魅力を感じることができ、自分の非も認められるような器の持ち主かどうか

 

 

 45歳という年齢では気持ちの強さだけではなく、外見も能力も人間性も含め、とにかく総合力が求められます。それぞれの要素に対してアピールできるところを見つけ、自分作りに精を出してみましょう。

 

 

3.自分に合った職場ではなく、自分が職場に合わせる!

 

 

 「もっと自分に合った職場があるはずだ」という考え方は、言葉は悪いですが若造です。45歳は落ち着いていなければなりません。人事担当はその辺りも面接時に確認しています。

 

 転職は、自分に合った職場を探すのではなく、自分がその職種や会社に合わせられるかどうかが大事。面接時にも是非、そこをアピールしてみましょう。とても良い印象を持ってもらえるはずです。

 

 

おわりに

 

 

 現実的に難しくはなくなってきている45歳の転職。でも自分作りの失敗は転職の失敗に直結してしまうでしょう。?偽りで塗り固めていてはいけませんが、自分をどれだけ演出できるかはとても大切なこと。

 

逆に言えば、それができる人物は新たな職場へも対応できるはずで、まさにそういった人を企業が求めているのだと知っておくべきなのです。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
はじめに利用するのにおすすめの転職サイトがこちらのリクナビNEXT。
ホーム RSS購読 サイトマップ